MediaWiki

提供: 教育ICT Wiki
移動先: 案内検索

MediaWiki(メディアウィキ)は,ウィキを構築するためのソフトウェア。インターネット上で共有されている「ウィキペディア(Wikipedia)」で利用されているシステムである。フリーソフトウェアとして公開されており,条件を整えれば誰でも独自のウィキを構築できる。

教育ICT WikiもMediaWikiで構築されている。

MediaWikiサイト構築手順

  1. サーバーを用意する
    • PHPやMySQLといったソフトウェアが利用できること
    • .htaccessといったファイルを利用者が設定可能なこと
    • SSH(Telnet)接続でサーバーをコマンド操作できた方がよい
  2. MediaWikiをダウンロードする
  3. データベースを作成しておく(データベースアカウントの作成)
  4. ダウンロードしておいたMediaWikiを展開してサーバー上に配置する
  5. MediaWikiディレクトリを指定してWebブラウザアクセスして設定開始
    • 設定画面の指示通りに情報やデータベースアカウントを入力設定
    • 最後にLocalsettings.phpというファイルが生成されて自動ダウンロードされる
    • ダウンロードされたLocalsettings.phpをMediaWikiディレクトリにアップロードする
  6. 運用開始
  7. ディレクトリ等の細かな設定をLocalsettings.phpや.htaccessなどを通して調整する 

ただし,MediaWikiを導入するのであれば,VisualEditorの導入も併せて検討すべきである。

VisualEditor導入の必要性

ウィキの内容項目を作成したり編集する際には,wikitext(Wiki記法)と呼ばれる書式記述方法を利用して,文章の書式や整形をする必要があります。これに加えてHTML等のタグも組み合わせて利用します。

このような記号(マークアップ)を使った書き方に慣れている,慣れることができる人は問題ありませんが,一般的にはちょっとした文章入力などでこうした記法を意識しなければならないのは難しい作業の範疇に入ります。

そこで本家ウィキペディアは,項目編集が直感的にできるエディタ機能を拡張機能として開発しました。それが「VisualEditor(ビジュアルエディタ)」です。MediaWikiに追加する形で導入するものです。

ただ,このVisualEditorを導入するためには,Node.jsとParsoidというソフトウェアをサーバー上で動作させなければなりません。

それがハードルとなって,MediaWikiの導入が広まらないのかも知れません。

VisualEditor拡張機能の導入方法

他のサーバーで動作するParsoidを利用する場合の参考情報


〈教育ICT Wikiの場合〉

教育ICT Wikiは,XSERVERと呼ばれるホスティングサービスを利用してMediaWiki運用しています。

XSERVERは柔軟性の高い人気のホスティングサービスですが,残念ながらSSH接続やNode.jsといったソフトの動作まではサポートしていません。そのため,本ウィキでは,外部のVPSサービス上で動作するNode.jsとParsoidを利用する形をとっています。

https://github.com/wikimedia/parsoid


MeidaWiki以外の選択肢

ウィキを構築するためのソフトウェアにはいくつかの選択肢がある。

ウィキペディアのような見た目にこだわらなければ,導入ハードルの低いソフトウェアも選ぶことができる。

サービス系のWikiもある。