投稿者「rin」のアーカイブ

教育情報化実態等調査の経年データ01

===

「教育情報化実態等調査の経年データ(コンピュータ・周辺機器整備編)」

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1t-PAZ5Ijit2bSzaxbkQcnJ2xPryKsr9gjSZT9wlF9UU/edit?usp=sharing

===

 文部科学省「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」というものがあります。

 昭和62年に当時の文部省初等中等教育局中学校課によって「学校における情報教育の実態等に関する調査」という名称で始まり,やがて生涯学習政策局に引き継がれて「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」として継続されている調査です。

 調査の目的は,「学校教育及び教育行政のために地方公共団体において整備されたICT機器のほか,学校のインターネット接続環境,教員のICT活用指導力の状況を明らかにし,国・地方を通じた教育諸施策を検討・立案するための基礎資料を得ることを目的とする。」(文部科学省Webサイトより)となっています。

 要するに政策決定のための基礎データを得るためのものですが,正直なところ,丁寧な情報が得られないのではないかといった問題点も指摘されており,調査結果の公表は継続的にされてはいるものの,十分活用されているとは言い難いのが現実です。

 毎年,継続的に基礎データが調査されていることは,とても重要なことで価値あることです。そして,毎年の数値も大事ですが,さらに重要なのは,時間経過とともに実態がどう変化しているのかを経年的に比較分析することです。変化の具合を見て政策の方向性を検討することも必要だからです。

 教育情報化の実態調査も,毎年,速報値がスライドで発表され,毎回の調査結果に関する注目点などが話題にはされます。ただ,どうも経年的に推移をみたり比較分析するようなことは少ないようです。

 それといいうのも,公表される調査結果のデータが,単年度の調査結果を慣例化した表やグラフにまとめるだけで終わっており,調査年度を追うように蓄積されてこなかったからです。

 もちろんこうした状態になっているのには理由があります。

 情報関係における日進月歩の変化が調査にも影響し,質問や回答項目を数年で見直さざるを得ないことが続いているからです。たとえばコンピュータの種類一つとっても,昭和62年と平成26年では様相がだいぶ異なります。このため時を超えて比較したいと考えても,回答項目が変わってしまって比較が難しかったりするのです。

 また,調査結果の公表も,今日ではインターネットのWebサイトに公開する術があり便利ですが,調査開始当初はネットで結果公表する文化も技術もありませんでした。平成11年度調査以降はWebでデータ入手できますが,それ以前のものは紙媒体を探し出して調べなければなりません。

 前置きが長くなりましたが,私が調べた範囲で同調査結果を経年的に配置したデータを作成しました。

 今回は主にコンピュータと周辺機器の整備に関する質問項目を抜粋したものです。これらは文部科学省によって過去に公表されたデータをもとに作成していますので,自由に使っていただいて構いません。

 転記ミスが無いよう注意をして作成しましたが,利用の際には念のため元データの確認も行なってください。

 

教育用コンピュータのOS別台数(H22〜H27)

すべてのOS
Windows以外のみ

==

文部科学省が公表している「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の結果から,教育用コンピュータの台数について一部データを取り出してグラフ化してみました。

※平成26年および平成27年については速報値になっている部分がある。後日修正する。

今回はデータをWebページでグラフ化する実験の一環なので,タブレット端末の基本ソフトが集計され始めた平成23年度調査から平成26年度調査のものだけをピックアップした暫定的なものです。追って,他のデータについてもグラフ化する予定です。

「学習場面の類型(ICT活用イラスト)」

 文部科学省「学びのイノベーション事業」成果の一つとして,実証校で行なわれていた実践事例をベースに整理した「ICTを活用した学習場面の類型」があります。

 報告書にもあるように「ICTを活用した指導方法の開発」のための手がかりとして使ってもらおうと作業したもので,そのためイラストは「ICTを活用」しているイメージに統一されています。

 しかしもともと,多様な学習場面を捉えやすくすることを出発点として整理していったものなので,必ずしもICT活用が必須という意味ではありません。ICTを使おうが使うまいが,ふさわしい方法でこれらの学習場面が展開すると考えて,授業を組み立ててみてはどうでしょうか,という提案です。

ict_teaching_types

 イラストそのものは,多少直しが入ってきましたが大きく変化していません。イラストを配置する周辺レイアウトが報告書やパンフレット,Webサイトなどに出す際に新しくなっていきました。現在は上のものが最新です。

 文部科学省「教育の情報化」サイトに「学びのイノベーション事業」ページが用意されていますので,そちらから報告書などの資料を入手できます。
 類型イラストだけをスライドに利用したい場合は,それだけのPDF版があると便利と思いますので下に用意しておきます。合わせてMac/iOS用アプリKeynote形式のファイルも添えておきます。

PDF形式 [http://www.edufolder.jp/files/ict_teaching_types.pdf](19MB)
Keynote形式 [http://www.edufolder.jp/files/ict_teaching_types.key](33MB)

学校の画面提示装置設置場所別台数

 文部科学省の「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」には,テレビの他にも,電子黒板,プロジェクタの設置台数について質問項目があります。

 平成25年度調査結果(平成26年3月時点)に基づき,学校種別の「デジタルテレビ等の設置場所別台数」「電子黒板のタイプ別・設置場所別台数」「コンピュータの周辺機器台数」内の「プロジェクタ」設置場所別台数について合算し,グラフ化したものを掲げます。
 (※デジタルテレビ,およびアナログテレビについては,必ずしも「大画面」と言えない現実もあります。本グラフをよむ場合は,その点に留意してください。)

 今後,アクティブ・ラーニングを指向した学習活動を展開する際に,画面提示装置の必要性が高まることも予想され,その場合には中等教育段階への手厚い導入措置が必要になってくるのかも知れません。

【小学校】(普通教室設置割合:99%)
Disp2015 el

【中学校】(普通教室設置割合:60%)
Disp2015 jh

【高等学校】(普通教室設置割合:23%)
Disp2015 hi

【特別支援学校】(普通教室設置割合:40%)
Disp2015 sn

学校のデジタルテレビ等の設置場所別台数

 文部科学省の「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」には,テレビの設置台数について質問項目があります。

 平成25年度調査結果(平成26年3月時点)に基づき,学校種別の「デジタルテレビ等の設置場所別台数」についてグラフ化したものを掲げます。依然として高等学校における普通教室のテレビ設置台数は1割未満です。

【小学校】(普通教室設置割合:80%)
Tv el 2015

【中学校】(普通教室設置割合:47%)
Tv jh 2015

【高等学校】(普通教室設置割合:6%)
Tv hi 2015

【特別支援学校】(普通教室設置割合:33%)
Tv sn 2015

「ICTを活用した学習場面の類型」英訳

 「教育の情報化ビジョン」(”The Vision for ICT in Education”)には,「21世紀にふさわしい学びの環境とそれに基づく学びの姿(例)」(Example of a Learning Environment Suitable for the 21st Century and Learning Based Thereon)という図があって,あちこち紹介されたりしています。

21世紀にふさわしい学びの環境とそれに基づく学びの姿(例)

 その図をもとに作成したのが「教育の情報化ビジョンパンフレット」の4〜5頁に掲載された図で,構成要素はほぼ同じですがパンフレット用に再構成したものです。

教育の情報化が果たす役割

 教育の情報化によってイメージされる学びの姿を示したものとして,これらの図が用いられるのですが,実はその後,学びの姿がもう少し具体的な学習場面として描き直されました。

 「学びのイノベーション事業」における様々な実践事例を踏まえて整理されたものが「ICTを活用した学習場面の類型イメージ」と呼ばれるものです。

Ict teaching types

 「一斉学習」「個別学習」「協働学習」という大きな類型に具体的な学習場面のイメージイラストが描かれていますので,ICTを活用する授業づくりに役立ててもらおうという魂胆です。もちろん,ICTを活用する場面が必要かどうかは,そもそも授業の目標や展開によりますので,これだけが21世紀の学習の姿だと考えるのは誤解です。(Keynote形式はこちら

 「教育の情報化ビジョン」本文と図には英語版が用意されているので,海外の方に紹介する場合はそちらを利用すればよいのですが,そのフォローアップにあたる「学びのイノベーション事業実証研究報告書」や「ICTを活用した学習場面の類型」に英語版が無いので,併せて紹介する時に困ります。

 (追記:その後,海外講演向けの英語資料があるという情報提供をいただきました。それについてはまたの機会にご紹介します。)

 とりあえず「ICTを活用した学習場面の類型」(Types of learning situations using ICT)の図だけでも簡単に英訳してみました。(”イメージ”という言葉や能書き部分は省略してしまいました ^_^;)

Types of learning situations using ICT

 まだ十分吟味検討していませんが,とりあえず英語で紹介する時に使えると思います。

Peer-to-peer AirPlay(P2P AirPlay)

P2p airplay

 端末等の画面を大画面で表示させたい場合,ディスプレイや液晶プロジェクタ等の大画面提示装置とケーブルで接続する方法があります。

 教室にあるパソコンと大画面提示装置は置きっ放しですから,普段からケーブルで接続しておくことは普通です。

 しかし,タブレット端末のように持ち運びできることが持ち味のモバイル端末の場合,願わくはケーブルではなく無線で接続できると,なお便利です。そのような無線接続で画面を外部に出力する技術が,MiracastAirPlayとよばれる技術です。

 Miracastは,端末側(送信側)と大画面提示装置(受信側)をダイレクトに接続する画面転送技術です。実際には,大画面提示装置のHDMIに小型受信機を付け足して使うスタイルになります。つまり,Wi-Fi電波を使った仮想HDMIケーブルのようなものです。

 一方,AirPlayは,Apple社独自の技術で,同じネットワークに繋がっているApple TVと端末(iPadやMac)との間で画面転送するものです。Apple TVを大画面提示装置に接続して使います。ネットワーク接続は必ずしも無線でなくてもよく,有線ネットワークでも可能な点がMiracastと違います。ただし,ダイレクト接続はできず,何かしら既存のネットワークに接続することが必要でした。

 つまり,あらかじめセッティングされているApple TVに,外部から持ち込んだiPadの画面を転送表示したい場合,iPadがApple TVと同じネットワークに接続されなければなりません。しかし,組織や学校の無線LANは,パスワードが必要だったり,接続する機器の登録が必要だったりと,外部から持ち込まれた端末を接続するのが面倒です。そのためAirPlayすることも簡単ではなく,せっかくの機能も宝の持ち腐れであることが少なくありませんでした。

 また,そもそもApple TVを端末と一緒に外部から持ち込んだ場合,Apple TV自体をネットワークにつなげる方法も考えなければなりません。大画面提示装置,Apple TV,端末と機材は揃っているのにAirPlayによる画面転送が簡単にはできないのもストレスのたまる話でした。(モバイルルーターを加えてWi-Fiネットワークを作ったり,iOSのインターネット共有機能でネットワークを作成してApple TVをそこにつなげてしまうという方法が必要でした。)

 さて,AirPlayにもMiracastの様なダイレクト接続機能が待ち望まれていたわけですが,iOS8と最新のApple TVを使うことで,Peer-to-peer AirPlay(P2P AirPlay)として可能になりました。

AirPlay – iOS Deployment Reference
http://help.apple.com/deployment/ios/#/apd8fc751f59 

 このP2P AirPlayは,Wi-Fiの電波を使ってApple TVと端末の間で画面転送する機能です。Apple TVと端末が同じネットワークに繋がっている必要はありません。インターネットに接続されていなくてもApple TVと端末があれば画面転送できます。Bluetoothを使って端末がApple TVを探し,送信側と受信側がダイレクトに接続されるのです。

 ただし,P2P AirPlayが動作する条件は,最新のApple TVとiOS8デバイスのみ。早くに導入したApple TV(2012年以前)では残念ながら実現できません。

・Apple TV (第3世代 revA モデルA1469以降) with Apple TV ソフトウェア 7.0

・iOSデバイス (2012年以降) with iOS 8

・Mac (2012年以降) with OS X Yosemite version 10.10

 以上の組み合せでのみ可能です。どうしてもP2P AirPlayが利用したい場合は,潔くApple TVを買い直すのが手っ取り早い解決方法です。

 既存のネットワークへの接続がいらないので,AirPlayへの敷居が低くなったのは有り難いですが,現実にはネット接続がないとWebの画面を見せることもできないし,動画を再生して見せることもできないのではないか。そんな素朴な疑問も湧きます。

 また,無線LANの仕組みやAirPlayで試行錯誤したことがある人は,P2P AirPlayなんかしたらインターネット接続はどうなってしまうのだろう,と技術的な疑問を抱くかも知れません。

 簡単にいえば,Apple TVにP2P AirPlayするWi-Fiとインターネット接続するWi-Fi(もしくはキャリア回線)は併存します。

 よって,モバイルルーターやキャリア回線でインターネットに接続できる状態であれば,それに加えてP2P AirPlayが動作するので,ネット利用の様子も画面転送できるというわけです。

 ただし,唯一の例外があります。

 動画の全画面再生は,AirPlayの仕様上,Apple TVが引き受けてしまうのです。

 だからどうしたという感じですが,全画面の動画再生をApple TVが引き受けてしまうということは,Apple TVがインターネット接続されていなければならないという条件が加わってしまうということなのです。

 たとえば,Webページの中に動画が埋め込まれていた場合,Webページの中なら端末が再生しているのを画面転送して見ることができます。
 ところが,全画面アイコンをタップして大きくした途端,Apple TV側がその動画を直接ネットから読み込み再生しようとするため,Apple TVがネットに接続していないとエラーになるのです。知らないとビックリします。

 Apple TVをネット接続しない場合は,動画を全画面再生させず,可能であればピンチで拡大して再生するのが逃げ道です。

 実際に最新世代のApple TVを設定して,P2P AirPlayを試みようとすると,最初は正常に動作してくれないことが起こります。

 Apple製品を相手にしているとよく起こることですが,設定作業や設定直後はなかなか安定してくれず希望している動作をしてくれないことがあるのです。

 それはそれで大変困るのですが,いつの間にか安定して,嘘のように当たり前に動作するようになるので,最初のうちは辛抱です。

 しかし,こんなアドバイスも無責任この上ないので,安定するコツをお伝えすると,Apple TVの設定を変更したら,毎回再起動してみる,これに尽きます。

 「Apple TVの設定を変更したら,再起動すること

 P2P AirPlayが出来ると聞いて購入して設定したのに,一向にiPadやiPhoneにApple TVが現れないとか,リストを選んでも画面転送を始めてくれないとか,名前の後ろに(2)とか(3)とか変な記号がつくとか,悩ましい現象が次々起こります。

 そんな時は…Apple TVを再起動。Apple TVの名前を変えたら…再起動。AirPlayの入切を変更したら…再起動。パスワードを設定したら…再起動。

 もう,面倒臭がらずに一つ一つの設定でApple TVを再起動してください。そうすれば最終的には安定して使えるようになります。もちろん,設定は記憶されているので,電源を抜いたあと次回使う時に初めからということはありません。

 端末のリストから消えてしまった場合は,端末のWi-Fiを一度切って,一呼吸置いてから入れ直してください。裏でとても働いていると想像して,のんびり待つのがコツです。

教育とICTの時系列

 日本の教育とICTの出来事についてタイムラインにプロットしてみました。作成中のため,今後も更新されます。

日本の教育とICTの時系列

Edmodoが日本語対応開始

 日本時間で2014年6月11日に教育系SNSとして有名な「Edmodo」(エドモド)が日本語対応を開始しました。ログイン画面や紹介ページの一部,内部のメニューやボタン表示に日本語の選択肢を加えたのです(Language設定で切り替えないと英語のまま表示されることもあります)。

edmodo_jpn

 教育で利用できるSNSについては紹介済みですが,Edmodoの日本語化で,いよいよ教育現場へのSNS導入に勢いがつきそうです。これらは授業と家庭教育をつなぐツールとして期待され,反転授業といった教育方法にも役立つと考えられています。こうしたサービスには他にも「Schoology」や「Ednity」「Classing」などがあります。

 しかし,サービスをどうやって利用すればよいのか。具体的な設定や運用方法のノウハウはまだ何も蓄積されていません。Edmodoでは「グループ」を作成して,そこに児童生徒を登録することが出来ますが,これを「学級」グループとするのか,「科目」グループを複数作るべきなのか。学年進行によってグループやリソースをどのように管理し保管し処分すればよいのかは,まるでノウハウが溜まっていません。

 私たちは,新しい教育内容や新しい道具とともに新たな教育学習の在り方について試行錯誤し定義し直していく大仕事に直面しているわけであり,それはこのご時世に大変難しく辛い仕事ではあるのですが,またとないチャンスの時代を迎えているともいえます。先人たちの作り上げたものを受け取った者として,それを踏み台に次に手渡すものを生み出すのです。

 教育系SNSやタブレット端末といった道具立てを有効に活かしたいものです。

動画作成アドイン Office Mix

 米国時間5月6日にマイクロソフトは「Meet Office Mix」というブログ投稿で,PowerPoint用の無料アドインソフト「Office Mix」の公開プレビューを開始すると発表しました。

 このOffice Mix,名前からは想像しにくいですが,動画作成アドインです。PowerPointスライドをベースにした説明動画を作成できるのです。

officemix02

 従来までもPowerPointスライドにはナレーションを録音して付けることはできました。自動再生させればスライドそのものを動画として利用することはできたわけです。

 このOffice Mixを使うと,スライドを見せながら説明している状況そのものを録画できます。つまり,ペンツール等を使った書き込みや説明している本人の姿を動画に盛り込むことができるのです。

 昨今,カーン・アカデミーやMOOCSなどの学習プラットフォームが注目され,動画教材の可能性が広く知られるようになりました。教師が使える道具として動画作成ツールへのニーズも高まっているところです。

 こうしたニーズに応えるツールはいくつかありましたが,最も使われているプレゼンテーションツールであるPowerPoint自体にそのような機能が追加されれば,一番便利です。

 実はかつて「Producer for PowerPoint」という動画作成アドインがありましたが,かなり前に提供を停止して以来,長いことその代替がありませんでした。

 ようやく,最新版のOffice2013で動画作成を実現するアドインが「Office Mix」として復活したというわけです。

[追記]
 ここでは動画作成の機能だけ注目してご紹介していますが,実際にはインタラクティブな教材をつくる機能も含まれているのでMixという名前がついています。

 Office Mixは,インストールするとPowerPointの一機能のように「MIX」リボンとして追加されます。もちろん日本語版Office2013にインストールできます。

 機能としては,作成したスライドに対してペンツールを使いながら録音録画ができる「レコード」機能を始め,問題を追加できる「クイズ」機能,パソコンの操作画面を動画と静止画で記録できる「画面キャプチャ」機能,その他「プレビュー」機能,「アップロード」機能,「書き出し」機能が用意されています。

officemix03

 表示は英語ですが,使い方はシンプルで一度覚えてしまえば児童生徒学生でも簡単に利用することができます。グループ活動の発表作品づくりにも利用できそうです。